忍者ブログ

花影坂
四丁目

祭野

制作曲の歌詞とインストのまとめです。
動画で使用させて頂いたイラストで公開許可を得ているものも展示しています。

HOME

夜色のアトリエ







【ようこそ夜色のアトリエへ】

僕の内側だけの夢幻の世界
どうにか、形にしたい

言葉にしづらい感情を引き摺り
似合う旋律(おと)を探してる

大丈夫だ、って言って
眠ってもまた同じ夢を見る
お別れだね、って言った
いつの日かまたどこかで会えるよ

夜色のアトリエで今日もひとりきりで
悲しい歌しか書かないんだ
有り触れた言葉ばっか積み重ねたって
寂しいが言えないままでいた
午前0時過ぎ、ココロの隅
僕が置いてった
in the solitude

足りない物を補うだけの日々も
思うほど悪くはない

欲しいもので溢れている現実を
それなりに楽しんでる

大人になってきっと
いつの日か今の僕忘れても
大好きだよ、って言った
それだけで僕はまた救われる

夜色のアトリエの扉を叩いては
通りすがりの旅人が言う
「またいつか君の歌を聴けるといいな」って
涙溢れるほど幸福に
僕はまた、音を重ねていく
理由なんて要らない
in the moment

夜色のアトリエで僕は考えてる
悲しいことも嬉しいことも
もしも誰かがそっと耳を澄ますのなら
気まぐれに歌い続けていたい
馬鹿らしいほどに素直でいい
僕は僕でいる
into the mind



■いつもの私が書く歌詞では、
君なり貴方なり、自分以外の誰かを中心にした歌詞が多いなと思ったので、
今回は自分を中心にした歌詞にしてみたつもりです。
君とか貴方とかは一言も入れないようにしました。
(旅人が「僕」のことを君、と指す所以外)
特定の一人を指すわけじゃなくて、自分以外の誰かを漠然と指しています。

夜色(やしょく)っていう日本語はあるみたいですが
今回はよるいろ、としています。
響きがこっちのほうが好きなので、というだけの理由。

曲を投稿し始めてもうすぐ四年です。
私は私のやりたいことを好き勝手やっているだけなのに
付き合ってくれる方(視聴者さん)がいるのは本当にありがたいなぁ、と。
そんなことを思いながら作りました。
いつもありがとうございます!

そして今回も絵もセルフです。
↓clickで無駄にバカデカイやつ

PR